守る - 絶対的品質

quality management

Yoshida品質へのこだわり

Yoshida品質へのこだわり

Yoshidaでは、1965年の創業以来、自動車、二輪のブレーキ、エンジン、トランスミッションなど、重要保安部品を製造し続けて参りました。その歴史で培われた品質力は、絶対的なYoshidaの強みだと自負しております。
お客様の要求する品質レベルを守ることはもちろん、製造した部品の一点一点が人命に関わるものとして、全社員が一丸となって不良率ゼロを目指して取り組んでいます。

全員参加の生産保全・全員参加の生産経営

TPM×YMI

TPM活動 (Total Productive Miintenance)

TPM活動(Total Productive Miintenance)

TPM活動とは、製造企業が持続的に利益を確保できる体質づくりをねらいとして、人材育成や作業改善・設備改善を継続的に実施していく体制と仕組みをつくるためのマネジメント手法です。「全員参加の生産保全・全員参加の生産経営」とも呼ばれています。

社員一人一人が企業力(Yoshida Monozukuri Innovation) Productive Miintenance)

社員一人一人が企業力(Yoshida Monozukuri Innovation)

2007年4月より活動が開始されました。ロスの排除、ロスの未然防止を「現場・現物」でつくり上げます。「人が動き、組織が動く」、今までこうだったからではなく「これからはこうやっていくんだ!」という全体的なコンセンサスのもと、活動が継続されています。