先輩社員の声

Voice of senior employees

内藤 燿平

「君がいればなんとかなる」と言われるまで成長し続けたい!

2016年新卒入社

NCプログラミング

入社のきっかけ

第一として、短大で、ものづくりについて学んでいたので、そこで学んだプログラムを仕事に活かしたい、という気持ちが大きかったんです。
吉田工業では、すぐに学んだことを活かせそうだと思ったので、入社を決めました。

担当している仕事

基本的には、新規品の立ち上げを行っており、現在はアルミ鋳造品の複合形状加工を手掛けています。

辛かったこと・嬉しかったこと

新規のプログラムがうまく作れず、作業が詰まっていくことがあります。
しかし、効率の良いプログラムを作れて、作業がスムーズに流れたりすると、とても嬉しく感じます。

やりがい

加工機の修理が発生した際に、「私もできるようになりたい」と伝えると、加工機メーカーに2か月間研修に行かせてもらえました。
自分から求めれば、的確な教育が受けられるフィールドがあるので、さらにやりがいを感じられます!

吉田工業を一言で表すと

情熱
北澤 実穂

加工技術の知識もある検査員の先輩がいるのですが、私もそんな先輩になりたい!

2016年新卒入社

外観検査

入社のきっかけ

会社見学をした際に、真面目に働いている先輩方の姿を見て、「私もそうなりたい!」と思い、入社しました。
(私は、福祉系の高校を卒業して入社しましたが、両親も製造業で働いており、兄もこの吉田工業で働いています。)

担当している仕事

主に治具を使用して、外観検査を行っています。
新規品が増えてきているので、現在は、日々時間短縮を心掛けながら、色々な検査方法を学んでいます。

辛かったこと・嬉しかったこと

入社したばかりの頃、不良を出してしまい、お客様と先輩方に迷惑をかけてしまったことがありました。しかし、自分が忙しい時や困っている時も、いつも先輩方が助けてくれるので、とても嬉しいです。

やりがい

他の仕事を手伝って「ありがとう」と言われたときや、新しい仕事を任されたときにやりがいを感じます。また、今担当している仕事以外の勉強もしていきたいです。

吉田工業を一言で表すと

明るく親しみやすい会社
荻原 美幸

皆さんがより良く、そして働きやすい環境を作っていきたい!

2003年新卒入社

総務

入社のきっかけ

面白いきっかけなのですが、就職活動フェアで「後、もう1社まわろう」と思っていた時に、あまり人がいなくてすぐに説明を聞けそうだ、と思ったところが吉田工業でした(笑)
当時、対応してくださった総務部の女性の方が、とても優しかったので、入社を決めました。
また、自動車業界の成長性、ブレーキの重要保安部品を製造している安定性も魅力の一つでした。

担当している仕事

現在は総務部に在籍しており、社会保険や給与処理、労基署・職安を含む関係官庁への届出などの業務を行っています。
また、最近では、採用活動や就業規則の最新版を発行するなど、新しい業務にも携わっています。

辛かったこと・嬉しかったこと

結婚し、子供が生まれ、子育てが始まった当初、家庭と仕事の両立のバランスを掴むまで大変でした。しかし、福利厚生が充実してきたことと、家族の理解と協力を得られ、現在に至ります。おかげさまで、ライフイベントを経た今も、多くの知識を習得でき、自分自身が成長したと感じます。

やりがい

これまでに得た知識を生かし、官庁担当者の応対が出来たときですね。
申請書類を作成し、問題が無いかチェックした上で無事に提出ができた時は、安心とやりがいを感じます。

吉田工業を一言で表すと

新しいことにチャレンジし続ける会社。
若い人が働きやすい環境が整っている会社。
速水 千晶

広い庭や、家も欲しいし、国内・海外旅行にも行きたい!!やりたいことが、たくさんあるので叶えたい!

2015年新卒入社

CAD(設計)

入社のきっかけ

実は、入社したきっかけはとても単純で、実家から近いことと、兄が色々な会社を調べた上で勧めてくれたからなんです(笑)
会社の説明をしてくれた方の人柄が良く、入社を決めました。

担当している仕事

主な仕事としては、CADを使って、社内で使用する金型や治具の組立図面を部品図面に展開する業務行っています。他にも、事業開発課内の事務仕事があります。

辛かったこと・嬉しかったこと

経済大学出身なので、CADの使い方や図面の読み方、書き方も全く分からない状態で、覚えるまでとても苦労しました。
しかし、今ではCADも使えるようになり、私が図面化した金型や治具が完成した時はとても嬉しく感じます!

やりがい

CADを使って仕事をしている時が一番楽しいです!
特に、組立図面を分解して部品図面を作成していると、時間があっという間に過ぎてしまいますし、完成した時の達成感は最高ですね!

吉田工業を一言で表すと

挑戦。
常に新しいことに挑戦している会社。
塩原 要介

要素開発・製品設計の分野に挑戦し、自社製品をつくる!※現段階では当社にはありませんが、新たな事業として検討したいです。

2000年新卒入社

鋳造工程管理

入社のきっかけ

工業高校を卒業後、工業系の短期大学を卒業し、将来は自動車関係のものづくりをしたいと思っていました。
面接の際に、新しい分野(金型設計・製作)へ挑戦してみないかと言われ、新しいことにチャレンジさせてくれる風土に魅力を感じ、入社を決めました。

担当している仕事

現在は、肉厚1.7mm~2mmの超薄肉砂型鋳造品の試作を担当しています。

辛かったこと・嬉しかったこと

入社以来、技術職一筋でやってきたのですが、管理職に任命された際、一つの部署を動かすことの大変さを知りました。
また、技術営業を行っていたこともありましたが、その際、様々な業種のお客様と接している中で、お客様からの感謝の言葉や評価を受けた時は嬉しく思いました。

やりがい

新しい型を製作し、初めて鋳造を行い、型が開く瞬間のワクワク感が(結果が良くも悪くも)楽しい瞬間です。

吉田工業を一言で表すと

多品種単品から大量生産までこなす、ものづくり集団!!